株取引

ハイリスクであることを認識しましょう

色んなメリットをお話ししてきましたが、
結局は投資。リスクはつきものです。

気が付けばお金を増やす為に始めた投資で借金を増やしていた
なんてことにならないように、以下のように認識しておくことが大切です。


<自分なりの軸を持つ>
投資は、してもしなくてもどっちでも良いものです。
無理して資産を増やそうとする必要はありません。

自分の中で投資に関する軸を持っておきましょう。
そしてその軸がぶれないようであればその銘柄に投資しましょう。

運用する金額が大きいので妥協してしまうと
いくら資産があっても、あっという間に消えてしまいます。

資産を増やしたいという気持ちはよく分かりますが、
焦らず、後悔のない運用をしてくださいね。


<投資は分散させる>
投資したいと思わせる銘柄が1つあったとします。
しかし、その1銘柄に資金全てをつぎ込むのはあまりにも危険です。

確かにその株が値上がりしたら良いですよね。
かけているお金が多い分、利益もうなぎ上りです。
でもその逆パターンだってありえます。
投資の世界に100%なんてありません。

90%成功すると聞くと成功しそうと思うかもしれませんが、
10%の確率で失敗もするんですよ。
この場合だと、10回に1回失敗するんです。
そう聞くと不安になりますよね?

不安材料を減らすためにも、投資を分散させ、
大胆に利益を増やすと言うよりは地道に続けていく
方が良いと思います。


<損切りは早めに>
損切りとは、簡単に言えば損失が確定することです。
値上がりを期待して100万円で買った株が90万円に値下がりしてしまった・・・
返済まで約6ヶ月あるし、それまでにまた100万円に戻るかもしれない。
もうしばらく様子を見よう。

なんてことは、厳禁です。

期限ぎりぎりまで粘って、更に値下がりしてしまった場合
返済することは難しくなってしまいます。
損害が雪だるま式に大きくなってしまう可能性が高いんですよ(泣)


<一度失敗してみるのもアリ>



一度やりたいようにやって、失敗してみるのも良いかもしれません。
損害は大きいですが、誰に何を言われるよりも説得力があります。
先ほど損切りは早めにと言いましたが、
もし諦めがつかないのであればそのまま持っておけば良いと思います。
結果がプラスであってもマイナスであっても、
挑戦しないよりは得るものが多いはずです!

インターネットで検索しても、
「失敗しないためにも損切りは早めに」というような言葉をよく見かけます。

実際に失敗してからそれを教訓として投資していくのか、
それとも最初から慎重に早く損切りしてしまうのか・・・。
選ぶのは自由ですが、投資は自己責任です。

頑張ってください!