株取引

種類

<現物取引との違いは?>


現物取引と信用取引の違いですが、これは簡単です。

資金が自分のお金か、借りたお金か
という違いだけです。


現物取引の方が株を買う際の手数料が安く、
信用取引の方が多少額が大きくても買いやすい
それぞれ上記のようなメリットがあります。

<制度信用取引と一般信用取引って?>

信用取引は大きく分けると、制度信用取引と一般信用取引に分けることが出来ます。
それぞれ一長一短なので、「こっちがおすすめ!」と言った
管理人の意見はありません。(すみません・・・)
どんな方に向いているのかを書いているので、
自分はどちらに当てはまるかで判断してみてください!

・制度信用取引
返済の期限は6ヶ月なので、期限までに取引を終える必要があります。
取り引きできる銘柄も証券取引所で取り引きされているものに限定されています。
ただ、一般信用取引と比べると金利が約1%低いので
コストを押さえたい方や短期集中型の方にはおすすめな信用取引です。

・一般信用取引
返済の期限は証券会社によって違います。無期限のところもあります。
また、銘柄もほぼ全てが取引可能です。
長期的に継続したい方や新規上場銘柄をいち早く取引したい方におすすめです。