株取引

信用買いと信用売り

<信用買い>

信用買いは普通の株の売買と変わりません。
証券会社から100万円分の株を買って、返す頃にはその株は130万円に値上がりしていたとします。
借りたのは100万円分の株なので借りた分しか返す必要はありません。
つまり、130万円-100万円=30万円の儲けになるという訳です。


<信用売り>

では、信用売りとは何でしょうか。
株価の値下がりを利用し、利益を出す方法が信用売りです。

突然こんなことを言われても、
意味が分からないと思うのでご説明しますね。

手元には、証券会社から借りたR社の株100万円分があるとします。
せっかく手元にあるんですが、R社は株価が下がってしまいそうです。
そこでその証券会社から借りた株を株を全て売ってしまいます。

しばらくすると予想通り、株価は90万円に下がってしまいました。

信用取引をしていなければ、「損するところだった」と思って終わりだと思います。
しかし、信用取引をしている場合はそうはいきません。

なぜなら、借りたR社の株100万円分を返さなくてはいけないからです。

そこでR社の株を買います。90万円でした。
一見損をしているように見えますが、実はこれ、利益が出ているんです。

同じ株を100万円で売り、90万円で買っています。
つまり、100万円-90万円=10万円の利益になっています。

これが信用売りです。

一見信用売りの方が簡単そうに見えますが、そうでもありません。

どの株価が下がるか見極め、本当に下がれば良いです。
しかし動向が分からないところが株の怖く、面白いところです。
もしも株価が値上がりしてしまったら・・・

損害金額はいくらでも高額になってしまいます。
想像するだけで恐ろしいです。

くれぐれも注意しながら投資してくださいね。